税金対策の方法

税金対策を行う方法は、大きく2種類に分けられます。
1つは、支払う税金を少なくできる税金対策で、もう1つが、税金の支払いを遅くする税金対策の2つです。

1つ目のように、コストを余計にかけずに税金の支払いを少なくすることができれば、それはとても効果的な税金対策と言えるでしょう。
一方、2つ目のように、当期分だけ税金を減少させて、その分来期は増加してしまうような税金対策もあります。2つ目は、資金繰りを考慮すると効果的なのかもしれませんが、長期的にみれば節税効果はないでしょう。

効果のある税金対策とは、当面の税金を少なく支払うことではありません。
税金の支払いを遅らせるだけでは、本当の意味の「税金対策」と言えないので気をつけましょう。

税金対策を効果的に行うには、税法に関する知識を習得していなければできません。
なぜなら、税金の仕組みはわかりにくいですし、会社の事情によって対策を入念に考える必要があるからです。
また、いわゆる“ノウハウ本”だけを読んでも、ほとんど役には立たないでしょう。

例えば、株式を第3者に持ってもらうことで、法人税を節税することができたり、前期まで消費税の免税事業者であったけれど、当期の設備投資の額が大きくなるとわかっていたため、当期は課税事業者として消費税の還付を受けられたりできます。

節税の効果的な方法はさまざまありますが、個人事業主の方は、会計事務所や会計士などからアドバイスを受けると良いでしょう。


プロミス 審査プロミス
FXシグナル配信ソフトFX初心者
お金持ちになる方法



posted by tyb14bdf at 22:42 | 税金対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。