税務調査について

税金対策とは、納税額を税法の範囲内で最小にすることです。
ところが、同じように納税額を減らすために道を逸れた行いをする「脱税」は、犯罪行為となります。

国民は納税義務があり、税務当局は「質問検査権」の行使をして、「税務調査」を行います。
そして、納税者は「受忍義務」があるので、税務調査に応じなければならず、断ることはできません。
さらに、税務調査の際に、調査官の質問に対して、正当な理由なしに答えなかったり、虚偽の記載をした帳簿を見せたりした場合は、罰せられることもあります。
要するに、税務調査は原則として断ることはできないのです。

税務調査と言っても、いくつか種類があります。まず、大きく分けられるのが、「強制調査」と「任意調査」です。

「強制調査」とは、国税局査察部が「国税犯則取締法」に基づいて捜査令状を持参して、強制的に行われる税務調査のことです。
悪質な脱税のケースに対する告発などが目的です。

「任意調査」とは、通常行われる調査で、「準備調査」と「実地調査」があります。

「準備調査」には、税務署内で実施される「机上調査」と、調査の対象となる会社に実際に足を運ぶ、「外観調査」があります。
「机上調査」とは、対象の会社が提出した申告書などや、取引先などが提出した法定調書、金融機関への反面調査による書類などから、実地調査が必要かどうかを決めるために行われます。
「外観調査」は、実地調査の前に、調査官が事業の概況を把握するために実施されるものです。

正しい税金対策を行うためにも、税務調査についてしっかり理解しておきましょう。


お金儲けの方法収入を上げる方法
インデックス投資為替動向退職金運用
教育資金ロト6



posted by tyb14bdf at 17:32 | 税金対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。