パートの税金対策

税金対策は、それぞれの税金について細かく行うことが大切です。
それでは、「パート」の税金対策について取り上げるので、パート勤務の人はこれを参考にして、正しい方法で税金対策に取り組んでみてもよいでしょう。

パートの税金対策の基本は、パートを行っている本人の所得税と、配偶者として配偶者控除について考えることです。いずれにせよ、年間の収入が103万円以上あるパートの場合は、一家の税金の負担が大きくなります。
パートで働く際は、収入をどのくらいにするのかを、あらかじめ考えておきましょう。


パート収入の税金控除について

配偶者本人の所得税
通常、パートの収入は「給与所得」となります。
給与所得控除額は最低65万円あり、所得税の基礎控除の38万円を加えると103万円となります。
パートの収入が103万円以下で、所得が他になければ、税金は控除されるということです。

配偶者控除
妻の所得金額が合計38万円以下ならば、その夫は所得税の配偶者控除が受けられます。
また、妻がパート収入だけで、そのパート収入が103万円以下という場合も、給与所得控除額65万円を差し引き、38万円以下となるため控除されます。

配偶者特別控除
配偶者特別控除の要件は、年間所得金額が1千万円以下で、配偶者の所得金額が38万円を超えて76万円未満の場合です。
年間所得金額が1千万円以下ならば、配偶者のパートの収入が103万円を超えて141万円未満で、所得が他になければ、配偶者特別控除が受けられます。



posted by tyb14bdf at 18:58 | 税金対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。