自動車税の税金対策

自動車の税金対策についてです。
これから自動車を購入する予定の人や、できるだけ自動車税を安くしたい人は、ぜひ参考にしてもいいでしょう。

自動車に関する税金の種類は、とてもたくさんあります。

自動車を取得した際は、「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「消費税」「地方消費税」がかかります。
自動車を所有している時は、「自動車税」「軽自動車税」がかかり、車検の際には、「自動車重量税」がかかります。

「自動車取得税」とは、自動車を取得した時に課税される税金のことで、都道府県や市町村が行う道路整備の費用に役立てられています。
自動車の種類によって税率は異なり、自家用自動車の場合は取得価額の5%が課せられ、軽自動車や営業用自動車の場合は取得価額の3%が課せられます。

また、自動車の取得と一緒に、アルミホイールやカーオーディオなどの取り付け用品も取得した場合は、自動車の取得価額にその用品の価額も含まれます。
要するに、自動車取得税の課税対象は、取り付けたオプション代も含まれるということです。
そのことから、オプションは後付けがおすすめと言えます。
特に、カーオーディオなど自分で取り付けられるものは、後で付け足したほうが税金対策になるでしょう。

なお、この自動車取得税は、自動車取得価額が50万円以下ならば、課税されません。
また、法人などの事業者の場合は、後から買って付け足した部品に関しては、「損金」として算入することができます。



posted by tyb14bdf at 19:02 | 税金対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。